×

×

OUTPUT BLOG

スティーブ・ジョブズに学ぶ「3」という数字を使う伝え方

   

Three

今日は、魔法の数字「3」について、お話しします。

なぜかというと「スティーブジョブズ驚異のプレゼン」
とう本を読んで、3という数字の力を思い知ったからです。

どういうことかこれからお話ししていきます。

「3」には、なにか重要な力があります。

いろいろな事が「3」に分けられていたり、
「3」が付く出来事など、たくさんあります。

例えば、日本に太古から伝わる「三種の神器」や
中国の「三国志」その中で有名な「三顧の礼」

などなど、たくさんあります。

なぜ、「3」は多用されているのでしょうか。

それは、「3」は人になにかを伝える時に最も効果的な
数字だからなのです。

どうゆうことかというと、「3」は人が短期記憶できる限界であり、
同時に意識できる限界だからなのです。

これ以上になると、例えば「5」になると途端に
1つか2つは忘れてしまいます。

ですから、古くから人にもの伝えるためには、
3つ以上のことを言わないようにしていたのです。

ですから、「三種の神器」など忘れにくいように、
「3つ」の道具にしているのです。

これは、人に何かを伝える時に非常に効果的です。

最初に要点は3つです。と言って話を始めると、
人はその3つは、なにかということに集中し、
3つの物事なら人は意識の集中を保ち、記憶することができます。

スポーツトレーラーや、インストラクターなど、
人に教える仕事の人は、たくさんある要点を3つに絞って教えるそうです。

たくさんの要点を言っても理解できず、1つもできなくなるからです。

だったら、3つでいいから重要なことを意識させたほうが、
良い結果がでるのだそうです。

ですから、人に何か伝えたいと思ったら、
3つにまとめてみると良いでしょう。

従業員教育や、メニュー表示、ポップ作成などなど
応用がたくさん効くと思います。

効果的に伝えるために、ぜひ「3」を意識してみてください。

SPONSORED LINK

 - ライフハック的

スティーブ・ジョブズに学ぶ「3」という数字を使う伝え方

管理人「もんたな」による、アクティブな人に役に立つ情報発信をしています。

Copyright© OUTPUT BLOG , 2014 All Rights Reserved.