×

×

OUTPUT BLOG

期限切れ食品はいつまで食べられるのか?食品別耐用期間の比較

   

中国の期限切れ鶏肉を使用したということで
マクドナルドやファミリーマートが火消しに
躍起になっています。

なにかと食の不安を提供してくれる中国、
この国のお家芸である食品偽装がまたも炸裂しました。

なるべくは中国産を食べない、中国産食品を使用している
と見られるお店には行かないということが防衛策ですね。

さて、今回は今回の「鶏肉期限切れ事件」にちなんで
「期限切れ食品はいつまで食べれるのか?」というこについての
記事をお届けしたいと思います。

FJ114

ふと気づくと、冷蔵庫の中にある食品の「賞味期限」や
消費期限が切れている、ということはよくありますよね。

そんなとき、
「でも、見た目は普通だし食べれそうだな」とか
「期限は期限だからもったいないから捨てようかな」
など悩むことが多いのではないでしょうか。

そこで、ハムや、卵、肉などの食品別に期限を過ぎてから
どれくらいの期間食べれるのかという指針を紹介してくれている
アメリカの動画をご紹介します。

今回の動画はアメリカのものなので
日本の「賞味期限」「消費期限」の概念と
多少異なります。

日本では卵などは基本的に「賞味期限」ではなく
「消費期限」表示がほとんどです。

しかし、アメリカでは「Sell-by」という販売可能期間を
表示します。

sellby

これは、販売者がいつまで販売可能かを示すものです。

ですから、日本で言う賞味期限に近いニュアンスです。

ただし、賞味期限よりは少し早く設定されています。

「Expiration date」は有効期限といった意味ですので
「消費期限」に近い意味になります。

exp

また、こういった期限は適切に冷蔵庫などの環境で
保管している前提となります。

常温保存などの場合はコレに限りません。

というより、常温で数時間経過してしまった
生鮮食品は直ちに加熱して消費するか、廃棄するのが
無難だと思います。

動画内の文言の意訳

以下は動画内の言葉の解説です。

bfe

ひき肉:賞味期限から1日から2日
(冷凍すれば3~4ヶ月後まで使用可能)

マカロニサラダ:賞味期限から3~5日
※卵、鶏肉、ツナ入り

開封済ウィンナー:開封から1週間

開封済ハム:開封から3~5日間

卵:賞味期限から3~5週間

低温殺菌牛乳:賞味期限から1週間
(酸味など変な味がしたら、これに限らず廃棄すること
これは牛乳だけではなく、何でもそうです)

ヨーグルト:賞味期限から7~10日間

鶏肉:賞味期限から1~2日間
(冷凍すれば9ヶ月後まで使用可能)

調理済のハンバーガー:調理日から3~4日

ベーコン:賞味期限から7日間

バター:消費期限から2週間

残り物のピザ:3~4日
(最も重要なこと、として紹介しているところが
ピザ大国アメリカらしいですね)

普段と違うと思ったら迷わず廃棄

動画内でもあるように、匂いや味で「酸味」や
「苦味」「普段と違う味」を感じたら、迷いなく捨てましょう。

2937540033_40176b5d99

たかが食中毒、されど食中毒です。

特に暑い季節は食中毒が発生しやすいので
注意しましょう。

今回、また中国での食品偽装が起きました。

外食先を選ぶこと、自分で食品を選ぶことはできます。

自分の身は自分で守りましょう。

SPONSORED LINK

 - トレンド記事, ライフハック的

期限切れ食品はいつまで食べられるのか?食品別耐用期間の比較

管理人「もんたな」による、アクティブな人に役に立つ情報発信をしています。

Copyright© OUTPUT BLOG , 2014 All Rights Reserved.