×

×

OUTPUT BLOG

御嶽山噴火の政府の対応状況について

   

今日9月27日に噴火した御嶽山ですが
現地消防によりますと、頂上付近に250名
程度が取り残されているのではないか、
という情報が出ています。
また、現地で無事に避難できた人からも
人数は定かではありませんが「多数の人が逃げ遅れている」
という情報がツイッターにアップされていましたので
間違いないかと思います。
この災害に関して、政府はどのような対策を
しているのか調べてみました。

SPONSORED LINK

PR



まずは、首相官邸ツイッターからの
情報です。
【火山活動・総理指示】
総理は、御嶽山の火山活動に関し、
1.早急に被災状況の把握を行うこと
2.被災者の救助に総力を挙げるとともに、
避難誘導等登山者や住民の安全の確保に万全
を期すこと
3.火山の観測を強化し、登山者及び住民に
対する迅速的確な情報提供を行うこと を指示。
引用ここまで
このような状況のようです。
さらに、現在の最新情報によりますと
政府に情報収集のための連絡室が
設置されたとのことです。
jjjjdjfdd.jpg
以上が御嶽山噴火の政府の対応など
現在の情報まとめです。
無事、登山者全員が下山されるよう
対応をがんばって欲しいと思います。
救助をされるかたも安全第一で
がんばってください。
ご無事をお祈りします。

SPONSORED LINK

 - トレンド

御嶽山噴火の政府の対応状況について

管理人「もんたな」による、アクティブな人に役に立つ情報発信をしています。

Copyright© OUTPUT BLOG , 2014 All Rights Reserved.